2010年04月21日

<共産党>志位委員長と駐日米大使が会談(毎日新聞)

 共産党の志位和夫委員長は21日、ルース駐日米大使と米大使館で約40分間会談した。核兵器廃絶問題について志位氏が「米政府とは見解の相違もあるが、核兵器のない世界を目指すことでは協力できる」と述べたのに対し、ルース氏は「その点では意見は一致している」と応じた。

 また、志位氏は米軍普天間飛行場移設問題で「沖縄の情勢が後戻りすることはない」と述べ、基地の無条件撤去を要請。ルース氏はこれを拒んだが、「立場の違いはあっても、敬意を持ってオープンなコミュニケーションを持つことが重要だ」と述べ、今後も意見交換を続ける意向を表明した。今月末からの志位氏の訪米についても協議した。

【関連ニュース】
共産党:志位氏が訪米へ 歴代委員長で初
共産党:参院選に危機感…みんなの党台頭で
ファイル:内政・外交・安保 共産・志位氏が訪米 歴代委員長で初
志位・共産委員長:みんなの党台頭で…参院選に危機感
語録:真剣に聞いてくれた−−志位・共産党委員長

<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記−自民公約原案(時事通信)
村本さん死亡「軍が実弾発砲」…タイ政府は否定(読売新聞)
自民、衆参ダブル選に警戒 支部長選任急ぐ(産経新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
posted by ウメザワ カズオ at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。