2010年04月05日

2010年04月01日

<鳩山首相>水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日、首相官邸で熊本県水俣市の宮本勝彬市長と会談した。水俣病未認定患者団体による損害賠償訴訟で政府が熊本地裁の和解案受け入れを表明したことを受け、5月1日に同市で行われる水俣病犠牲者慰霊式への出席を市長が要請。首相は「被害者の方々に元気を与えるためにも、ぜひ前向きに検討したい」と述べた。慰霊式は92年に始まったが、過去に首相が出席したことはない。【影山哲也】

【関連ニュース】
友政懇偽装献金:首相元秘書、即日結審へ
小林千代美議員:首相、北海道連代表に対応一任
地下鉄サリン15年:遺族、首相らが献花 健康被害なお
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相
鳩山首相:贈与税3470万円を納付

首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)
<人事>警察庁=4月1日付(毎日新聞)
足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁(読売新聞)
改正介護保険法施行法が成立(医療介護CBニュース)
ダイハツ、伊奈副社長の社長昇格を正式発表(レスポンス)
posted by ウメザワ カズオ at 19:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で−長妻氏(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は21日のNHKの討論番組に出演し、年金記録漏れ問題について「4年後までには一定の信頼回復が必要だ」と述べた。その上で、政府が2013年度に成立を目指す新年金制度の関連法案提出までに、納付記録がない「消えた年金」の被害者を一括救済する年金記録回復促進法案の必要性を判断する考えを示した。
 長妻氏は、古い紙台帳とコンピューター上の記録を全件照合しても、解明できない記録が残ることを認め、「一定の対象者には(記録回復を)一律に認めていく法案が必要か否かも議論しなければいけない」と述べた。同法案は、鳩山由紀夫首相も提出に意欲を示していた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)
<吉野川堰>国交相が「可動堰化」中止明言(毎日新聞)
機密費の全面公開、官房長官は消極姿勢(産経新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(3)俳優 國村隼さん(産経新聞)
高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ−参院(時事通信)
posted by ウメザワ カズオ at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。